1. ホーム
  2. サステナビリティアクション

サステナビリティアクション

- ESG -

西武グループでは、グループ理念である「グループビジョン」に基づき
行っている幅広い事業・サービスにより、
持続的な社会形成への課題対応を図ることで、当社としても持続的かつ力強い成長を目指しております。

これら環境、社会、ガバナンスなど一般的に「ESG活動」と呼ばれる活動を
当社では「サステナビリティアクション」と呼び、
グループ全社において持続的な成長を遂げるため取り組んでおります。
また、当社では社会課題・当社の事業環境等を踏まえて、
当社が特に取り組むべき4領域(安全、環境、社会、会社文化)、12アジェンダ(重要テーマ)を設定し、
アジェンダに沿った取り組みを積極的に進めております。

世界を変えるための17の目標

アジェンダ(重要テーマ)

特に取り組むべき4領域

1 安全 アジェンダ:安全安心

3 すべての人に健康と福祉を
9 産業と技術革新の基盤をつくろう
11 住み続けられるまちづくりを
16 平和と攻勢をすべての人に

安全なサービスを確実に提供することでお客さまの生活の基盤を支えるほか、ビジネス・余暇を問わず安心した時間を過ごせる環境づくりを行います。

2 環境 アジェンダ:温室効果ガス削減、廃棄物削減、水資源の確保、森林や生物保護

6 安全な水とトイレを世界中に
7 エネルギーをみんにそしてクリーンに
12 つくる責任つかう責任
13 気象変動に具体的な対策を
14 海の豊かさを守ろう
15 陸の豊かさも守ろう

エネルギー使用の効率化などによる環境負荷を軽減することに加え、事業を通じて環境の保全に貢献することで、自然環境や大気、水資源などに配慮します。

3 社会 アジェンダ:沿線・周辺自治体活性化、 ユニバーサルデザイン対応、少子高齢化

3 すべての人に健康と福祉を
4 質の高い教育をみんなに
11 住み続けられるまちづくりを
17 パートナーシップで目標を達成しよう

地域の活性化を図るとともに、日本全体が抱える社会課題である少子高齢化、ユニバーサルデザイン対応などに積極的に取り組みます。

3 会社文化 アジェンダ:働き方改革、多様な人材雇用、従業員教育・管理、コンプライアンス

3 すべての人に健康と福祉を
5 ジェンダー平等を実現しよう
8 働きがいも経済成長も
10 人や国の不平等をなくそう
16 平和と公正をすべての人に

一人一人が常にグループビジョンを意識し行動できるようグループビジョン浸透に向けた活動を行うほか、信頼される会社文化を築くための体制づくりを進めております。

設定フロー

  1. STEP

    1

    社会課題の抽出

    SDGs、ISO26000、GRI Standardsなどを参考に、社会課題を抽出

  2. STEP

    2

    社会課題の絞り込み

    事業領域、外部環境・他社の取り組み等を鑑み、社会課題を絞り込み

  3. STEP

    3

    アジェンダ決定

    グループビジョン、現在の取り組み内容及び経営会議での議論などから優先付け、分類などを行い、アジェンダを決定。中期経営計画においてサステナビリティ アクションを重点施策として取締役会にて決議。