ディスクロージャーポリシー

当社は、西武グループのグループビジョンの精神に則り、会社情報を適時かつ公正に開示することにより、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまの理解と信頼の確保に努めます。

1. 情報開示の基準

当社は、金融商品取引法、その他の法令及び東京証券取引所の定める有価証券上場規程に従って情報開示をおこないます。
また、それ以外の情報についても、当社グループへの理解を深めていただくために有益と考えられる情報は、積極的に開示します。

2. 情報開示の方法

有価証券上場規程に基づき開示が必要となる情報は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)及びプレスリリースを通じて開示するとともに、その後速やかに当社ウェブサイトに掲載します。
また、それ以外の情報についても、当社ウェブサイトへの掲載等によりできる限り公正かつ広範に開示します。

3. 将来の見通しについて

当社が開示する情報には将来の見通しに関する情報が含まれておりますが、これらの情報は、現在入手可能な情報に基づいて得られた当社の判断によるものであり、リスクや不確実性を含んでおります。したがって、実際の業績、結果等は、これらの見通しと異なる可能性があります。

4. 沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公正性を確保するため、決算発表前の概ね3週間を沈黙期間とし、決算に関するお問い合わせへの回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、沈黙期間中に業績予想が大きく変動する見込みが出てきた場合には、適宜情報開示を行います。

5. その他

当社ウェブサイトのご利用にあたっては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載をしている免責事項も合わせてご参照ください。

印刷する
ページの先頭へ