連結業績予想

2019年3月期の見通し

2019年3月期の連結業績予想につきましては、都市交通・沿線事業における鉄道運輸収入の増加、ホテル・レジャー事業におけるバリューアップ投資の効果発現やレベニューマネジメントの強化によるRevPARの上昇、不動産事業における東京ガーデンテラス紀尾井町の賃料収入増加や分譲マンションの販売、建設事業における繰越工事の増加、ハワイ事業におけるバリューアップ投資の効果発現などにより営業収益は5,699億円(前期比7.4%増)となる見通しであります。営業利益は、新規事業や大規模再開発、業務改革にかかる経費が増加するものの、増収により670億円(同4.3%増)となる見通しであります。償却前営業利益は、1,209億円(同4.6%増)となる見通しであります。

経常利益は、営業利益の増加により581億円(同4.7%増)となる見通しであります。親会社株主に帰属する当期純利益は、2018年3月期に繰延税金資産の計上があったことなどにより、経常利益と比較して増益幅は縮小し436億円(同1.6%増)となる見通しであります。

各セグメントにおける営業収益及び営業利益、償却前営業利益の見通しは以下のとおりであります。

セグメント別 営業収益

(金額単位:億円)
  2019/3期
予想
対前期 2019/3期
2Q予想
対前年同期
都市交通・沿線事業 1,633 +0.8% 826 +1.1%
ホテル・レジャー事業 2,218 +8.3% 1,108 +9.1%
不動産事業 673 +8.0% 314 +6.2%
建設事業 1,095 +9.5% 475 +0.3%
ハワイ事業 211 +37.2% 95 +20.2%
その他 396 +0.4% 248 +3.7%
合計 6,226 +6.6% 3,066 +5.0%
調整額 △527 - △240 -
連結予想 5,699 +7.4% 2,826 +6.1%

セグメント別 営業利益

(金額単位:億円)
  2019/3期
予想
対前期 2019/3期
2Q予想
対前年同期
都市交通・沿線事業 260 △4.6% 164 △5.5%
ホテル・レジャー事業 199 +15.0% 101 +13.9%
不動産事業 170 +7.5% 94 +23.2%
建設事業 46 △3.2% 14 △40.2%
ハワイ事業 0 - △3 -
その他 0 △100.0% 21 △15.9%
合計 675 +5.2% 391 +3.1%
調整額 △5 - 3 -
連結予想 670 +4.3% 394 +4.1%

セグメント別 償却前営業利益

(金額単位:億円)
  2019/3期
予想
対前期 2019/3期
2Q予想
対前年同期
都市交通・沿線事業 477 △2.8% 269 △3.5%
ホテル・レジャー
事業
362 +10.6% 181 +11.1%
不動産事業 270 +7.7% 143 +17.4%
建設事業 51 △1.0% 16 △36.6%
ハワイ事業 27 - 9 +246.2%
その他 31 △21.7% 36 △7.4%
合計 1,218 +4.9% 654 +3.7%
調整額 △9 - 1 -
連結予想 1,209 +4.6% 655 +4.6%
印刷する
ページの先頭へ