連結業績予想

2018年3月期の見通し

2018年3月期の連結業績予想につきましては、都市交通・沿線事業における鉄道運輸収入の増加や西武秩父駅前温泉祭の湯の開業、ホテル・レジャー事業におけるバリューアップ投資の効果発現やレベニューマネジメントの強化によるRevPARの上昇、不動産事業における東京ガーデンテラス紀尾井町の賃料収入増加などにより営業収益は5,420億円(前期比5.9%増)となる見通しであります。営業利益は、原油価格の上昇にともなう電気動力費や燃料費、水道光熱費の経費が増加するものの、増収による増益により632億円(同1.2%増)となる見通しであります。償却前営業利益は、1,142億円(同5.6%増)となる見通しであります。

経常利益は、一過性の持分法による投資利益を前期に計上したことなどにより546億円(同5.0%減)となる見通しであります。親会社株主に帰属する当期純利益は、経常利益の減少に加え、前期に計上した西武鉄道株式会社における固定資産売却益がなくなることなどにより408億円(同14.2%減)となる見通しであります。

各セグメントにおける営業収益及び営業利益、償却前営業利益の見通しは以下のとおりであります。

セグメント別 営業収益

(金額単位:億円)
  2018/3期
予想
対前期 2018/3期
2Q予想
対前年同期
都市交通・沿線事業 1,629 +4.1% 827 +5.4%
ホテル・レジャー事業 2,107 +11.8% 1,051 +13.1%
不動産事業 609 +13.3% 287 +9.6%
建設事業 1,074 △6.6% 490 +3.0%
ハワイ事業 195 △15.8% 85 +4.8%
その他 382 +2.6% 234 +3.1%
合計 5,996 +4.4% 2,974 +7.8%
調整額 △576 - △276 -
連結予想 5,420 +5.9% 2,698 +7.4%

セグメント別 営業利益

(金額単位:億円)
  2018/3期
予想
対前期 2018/3期
2Q予想
対前年同期
都市交通・沿線事業 268 △0.0% 165 +4.2%
ホテル・レジャー事業 190 +34.8% 98 +22.7%
不動産事業 142 +80.0% 67 +130.8%
建設事業 40 △59.3% 10 △49.2%
ハワイ事業 △4 - △5 -
その他 3 △58.3% 20 △5.2%
合計 639 +0.5% 355 +17.2%
調整額 △7 - △3 -
連結予想 632 +1.2% 352 +17.0%

セグメント別 償却前営業利益

(金額単位:億円)
  2018/3期
予想
対前期 2018/3期
2Q予想
対前年同期
都市交通・沿線事業 484 +1.9% 269 +4.1%
ホテル・レジャー
事業
342 +26.8% 171 +22.3%
不動産事業 235 +45.1% 113 +66.2%
建設事業 45 △55.9% 12 △44.0%
ハワイ事業 18 △70.2% 5 +30.9%
その他 32 △5.0% 34 +1.0%
合計 1,156 +4.8% 604 +15.0%
調整額 △14 - △6 -
連結予想 1,142 +5.6% 598 +15.4%
印刷する
ページの先頭へ