会社文化

基本的な考え方

西武グループではグループビジョンの実現を目指すため、一人一人が常にグループビジョンを意識し行動できるようグループビジョン浸透に向けた活動を行うほか、働きやすい職場環境づくり・様々なステークホルダーから信頼される会社文化を築くための体制づくりを進めております。今後も企業価値・株主価値の極大化を目指してまいります。

グループ各社の取組み紹介

働き方改革取組み

勤務制度等の改正・労働環境整備

グループ各社では、ワークライフバランスの充実や各従業員にあった働き方を目指し、勤務時間や場所にとらわれない働き方に加え、長時間労働の抑制などに取り組むことで、働きやすい環境づくりを行っております。

具体的取り組み
  • 就業時間を選ぶことができるスライド勤務時間制度の運用や、自宅等での勤務を行うテレワーク、ICT利活用による多様なワークスタイルの整備
  • 時間外勤務管理の徹底やシステム化などによる長時間労働の抑制
  • 西武鉄道、プリンスホテル 社員寮の新設・建替えなどによる整備
  • 西武鉄道 宿泊施設の寝室衛生環境の向上

多様な人材雇用

従業員一人ひとりの個性を尊重し、多様性を活かした組織をつくることで企業競争力を高めていくため、女性従業員の活躍促進を中心とした取り組みに加え、安心して働くことのできる環境整備、その他外国人雇用や障害者雇用、シニア人材の確保など多様な人材確保に努めてまいります。

具体的取り組みはダイバーシティの推進をご覧ください。

従業員教育・管理

研修・教育制度

持続的な企業価値向上および生産性向上に向け、社員一丸となり成長を遂げるため、階層別、年次別の研修制度の充実を図るほか、自発的な学習意欲の支援などを行っております。

具体的取り組み

従業員管理

従業員の健康保持・増進やパフォーマンス向上に向け、健康診断などの健康管理を行っております。

具体的取り組み
  • 年2回の健康診断
  • メンタルチェックの実施
  • 禁煙外来の治療費の補助

コンプライアンス

体制の整備

西武グループは、西武ホールディングスを中心とするグループ全体のコンプライアンス体制の確立を目指しています。そのために「グループビジョン」に基づいて作られた「西武グループ企業倫理規範」を中心に、「ルール」「組織」「浸透・定着活動」の3本柱の整備を行い、グループ各社との連携を図っています。

具体的な内容はコーポレート・ガバナンスページの「コンプライアンス」をご覧下さい。

情報セキュリティ(個人情報等の保護)

適正な情報保護の観点から、セキュリティ強化に向けた教育、情報収集および体制整備などの取り組みを進めております。

具体的取り組み
  • 標的型攻撃メール訓練やメディアトレーニング等情報セキュリティ意識向上のためのトレーニング
  • 日本CSIRT協議会に参加し社内外のセキュリティに関する情報取得と共有
  • GDPR等海外法令対応のための情報収集、情報漏えい時の迅速な対応体制整備
印刷する
ページの先頭へ