でかける人を、ほほえむ人へ。

西武プロパティーズの"でかける人を、ほほえむ人へ。"

西武プロパティーズは西武沿線周辺を中心に、都心部やリゾートエリアにおいて、商業施設・オフィス・住宅・駐車場・保険代理・霊園運営など、さまざまなかたちでお客さまの生活に密着した事業を展開しています。お客さまや地域の皆さまの信頼にお応えしながら「感動とほほえみあふれる街づくり」を目指してまいります。

「東京ガーデンテラス紀尾井町」みどりと歴史に抱かれた国際色豊かな複合市街地へ

東京の新たなランドマークとして2016年7月に開業した複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」。豊かなみどりと歴史性を有する一方で、地下鉄5路線が利用できるなど高い利便性を兼ね備えています。
オフィス・ホテル・商業施設・カンファレンスからなる「紀尾井タワー」と賃貸住宅「紀尾井レジデンス」、そして赤坂プリンスホテル発祥の建物である「赤坂プリンス クラシックハウス」で構成されています。
キーメッセージは「品と、格と、未来と。」 この場所に集い、働き、訪れる全ての方々に新しい感動をお届けしてまいります。

詳しくはこちら

池袋旧本社ビル建替え計画(2019年春 開業予定)

西武鉄道池袋線の線路上空と線路西側の用地を活用して、低層部分に商業施設を配した地下2階、地上20階、延床面積約5万m2のオフィスビルを建設します。
オフィスフロアの基準階貸付面積は約2,100m2となり、総貸室面積では池袋エリアではトップクラスとなります。さらに、免震構造の採用やBCP面への配慮など、防災性の向上をはかるほか、防災備蓄倉庫の設置や帰宅困難者への対応など地域への貢献にも努めてまいります。

詳しくはこちら

所沢駅東口駅ビル計画(Ⅰ期:2018年春 Ⅱ期2020年夏 開業予定)

既存の駅舎や駅ナカ商業施設を活かしつつ、新たに線路上空と東口社有地を活用し、線路上空には地上3階、東口には地上5階建の駅舎と商業施設からなる複合施設を建設します。
店舗面積は約18,500m2。生鮮食品・グロサリーに加え、所沢市の市民サービスコーナーなど日々の生活をサポートするサービス、さらにアパレル・ファッション、雑貨、書籍、カフェ・レストランなど、約120区画の多様なテナントを集積した4層からなる店舗フロアを構成します。また、駅から商業施設の北側へ直接出入りできる改札の設置など、利便性の向上とともに、広場の整備などお客さまの憩いの場をご提供し、次世代型の駅ビルを目指してまいります。

詳しくはこちら

西武プロパティーズのホームページはこちら
印刷する
ページの先頭へ