でかける人を、ほほえむ人へ。

西武建設の"でかける人を、ほほえむ人へ。"

西武建設は、経営理念「社会に“信頼”され“よろこび”を共有する“活力”ある企業を目指します。」のもと、鉄道・道路・土地造成工事など社会資本の整備、リノベーション工事、民間建築、戸建住宅など、土木事業から建築事業まで多彩な事業を行う総合建設会社として、地域社会の発展に貢献し、安全で快適な生活空間を提案いたします。

地域社会の一員として行動します

大地震等の災害に備えて、「生命・身体の安全確保」「二次災害の発生防止」「地域貢献」「得意先の復旧の支援」という基本方針に基づく「事業継続計画」を策定し運用することは、社会的使命であると考えています。
災害による制約を受けた中で適切に事業を継続していくために、優先的に取り組むべき「重要業務」の選定と業務遂行の「目標時間」を設定し、目標時間内での業務の達成をするために「対応体制」「対応拠点(代替拠点を含む)」「対応手順」「対応策」「必要資源の調達方法」等を「事業継続計画」として策定しています。
今後も災害時対応訓練や東日本大震災の教訓などを踏まえて、計画の見直しと改善を図っていきます。

詳しくはこちら

新たな技術開発への取り組み

ICT関連技術開発の一環として世界初のドローンを活用した建造物の補修技術を芝浦工大と開発しました。建造物への補修剤などの吹き付け塗布の技術をコンクリート構造物をはじめ、塗装等さまざまな用途での活用も視野に入れ、一層の研究開発を進めてまいります。

地域社会と共に発展し貢献します

国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所が主催する「荒川アダプト制度」に参加し、ヨシ原、干潟などの自然が残っている千住桜木地区の自然地維持管理活動として、この地区に漂着するゴミ拾い活動を実施しています。

西武建設のホームページはこちら
印刷する
ページの先頭へ